So-net無料ブログ作成

沖縄県民大会「歴史を動かす」=共産・志位氏(時事通信)

<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)

 国が司法修習生に給与を支給する「給費制」が廃止され、11月から生活資金を貸し付ける「貸与制」が導入されることに対し、弁護士や修習生から反対の声が上がっている。司法試験合格までに奨学金を借りている修習生が多く、貸与制でさらに借金が必要な状態になると、「金持ちしか法律家になれなくなる」との懸念があるためだ。日本弁護士連合会は15日、給費制の維持を訴えていくために緊急対策本部の設置を決めた。【伊藤一郎】

 日弁連が09年に実施したアンケートによると、司法試験合格者の53%が、法科大学院在学中(2〜3年間)に奨学金を利用した。金額は平均約320万円で、最高は1200万円に達した。

 現在、給与をもらいながら司法修習中の男性(26)は、3年間の法科大学院生活で600万円の奨学金を借りた。修習生のアルバイトは禁止されており、「貸与制になって借金を抱えた人が弁護士になれば、返済のために金になる仕事しかしなくなる」と心配する。

 日弁連は貸与制の問題点を指摘する意見書を公表してきたが、導入反対に向けた本格的取り組みはなかった。だが、4月に就任した宇都宮健児会長は「会長選のために全国行脚する中で、法科大学院で多額の負債を抱えた若手弁護士がいかに多いかを知った」といい、「貸与制になれば負担が増し、貧乏人は法曹の道をあきらめなければいけなくなる」と指摘する。

 若手弁護士も行動を起こしている。仙台市では今年1月、弁護士や学者ら70人が市民グループ「市民のための法律家を育てる会」を結成。街頭宣伝や集会で、貸与制の問題点をアピールしている。

 中心メンバーの渡部容子弁護士(28)は「給費制の廃止は、国が質の高い法律家を育てる義務を放棄したに等しく、結局は国民が不利益を被る。サービスを受ける市民の問題であることを理解してほしい」と訴えている。

 司法修習を所管する最高裁は日弁連の方針について、「現在、担当部署で貸与制開始に向けて準備を進めており、特段のコメントはない」としている。

 ◇ことば 司法修習

 司法試験合格者が1年間、裁判所や検察庁、弁護士事務所で実務研修を行う制度。裁判所法に基づき、国は月約20万円の給与や通勤手当を修習生に支給してきたが、法曹資格取得を目指す個人のために公費を支給することを疑問視する声もあり、04年の法改正で制度改正が決まった。今年11月に修習が始まる新64期(新試験組)から給与はなくなり、毎月18万〜28万円が貸し出される。無利子だが、修習終了後5〜10年間で返済できない場合は、遅滞利息が生じる。

【関連ニュース】
<弁護士の話題>弁護士法違反:司法書士ら告発 無資格で法律事務の疑い
<弁護士の話題>「特上カバチ!!」:非弁活動助長?弁護士会が抗議
<生活が苦しい>多重債務:原因、4割が「生活苦」
<生活が苦しい>働くことと自殺の関連性、改めてクローズアップ
<生活が苦しい>貧困ゆえに低学力、意欲向上どう導く

松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
【近ごろ都に流行るもの】大人の女性の靴下 優雅に美脚彩る(産経新聞)
【アニマル写真館】ゴマモンガラ 和歌山県立自然博物館(産経新聞)
【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)

<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)

 札幌市中央区の円山動物園に完成した屋外展示場「エゾヒグマ館」が17日、一般公開される。北海道の森をイメージし、ミズナラなど12種の木を植栽。高低差5メートルの丘に池や洞穴を配置し、野生本来の姿を観察できるよう工夫した。

 現在の“住民”は3月にのぼりべつクマ牧場(北海道登別市)から来た「とわ」(雌、2歳)1頭。人間なら小学校高学年ぐらいのおてんば娘だが、走り回って木を引き倒すなど、慣れない“新居”に大暴れ。

 将来的には雄のヒグマを迎えて繁殖する計画。飼育関係者は「お婿さんが来てくれれば、少しはおしとやかになってくれるかも」。【片平知宏】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
ホッキョクグマ:双子の父、古巣・札幌へ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
雑記帳:飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園
ホッキョクグマ:引っ越しの双子 札幌でお別れ会

石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
田辺三菱の子会社、治験データ改竄 厚労省 トカゲのしっぽ切り許さず(産経新聞)
石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり−社民・福島党首(時事通信)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
地域医療強化、4年で4兆円=自民(時事通信)

首相、政治主導法案成立に意欲(産経新聞)

若林氏の議員辞職は当然=民主・山岡、輿石氏(時事通信)

 民主党の山岡賢次国対委員長は2日午前の国対正副委員長会議であいさつし、自民党の若林正俊元農林水産相の議員辞職について「当然といえば当然。投票を代わりにするなんてことは国会史上聞いたことがないし、歴史的には非常に大きな汚点になるのではないか」と述べた。
 輿石東参院議員会長は国会内で記者団に対し、「残念なことだがやむを得ない」と強調。その上で「当然、この行為は懲罰に値する。その意味で(懲罰動議を)出した」と語った。 

【関連ニュース】
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至(産経新聞)
自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ−警視庁(時事通信)
<日米密約>「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
<お別れの会>大西祥平さん=24日、東京の千日谷会堂(毎日新聞)

決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕(産経新聞)

 母親の腹部を包丁で刺して殺害しようとしたとして、京都府警山科署は31日、殺人未遂容疑で、長男の中学3年生の男子生徒(15)=京都市山科区=を逮捕した。府警によると「高校進学をめぐって口論になり、刺した」と供述しているという。

 府警によると、男子生徒は31日午前6時40分ごろ、自宅1階の脱衣所で、母親(46)の腹部を台所から持ち出した包丁(刃渡り約16.4センチ)で複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。母親は重傷を負ったが、命に別条はないという。

 府警などによると、男子生徒は両親と3人暮らし。4月から三重県内の高校に進学が決まっていたが、男子生徒は「行きたくない」と訴え、母親と口論になったという。

【関連記事】
死体遺棄容疑で母親逮捕 プランターに赤ん坊の遺体
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」
息子の暴行に母が反撃で刺す 京都
「娘の首絞め火をつけた」62歳女容疑者を逮捕、長女は死亡
母「昨年5月から1食」 父親も暴行を供述 奈良の虐待・餓死事件
あれから、15年 地下鉄サリン事件

水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)
子ども手当から給食費差し引き検討…戦略相(読売新聞)
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官−6社を指名停止・防衛省(時事通信)
空自救難機、名古屋空港で緊急着陸(読売新聞)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。